Achieve post

クルーネックセーター メンズ

投稿日:2019.3.22 / 更新日:2019.06.28
ブランド名
買取価格
32,000円

シンプルなクルーネックセーターに、ワンポイントのVロゴのプレートがおしゃれな、メンズのニット

ケーブルデザインの編み上げのセーターになっていて、高級感と温かさの機能性を兼ね備えた、大人の1着になっています。落ち着いた赤系のカラーもとてもオシャレですよね。タグ付きの未使用品で、糸つれなどもなく、とても状態の良い品物でした。

ルイ・ヴィトンのメンズアパレル

ルイ・ヴィトンではSS(春夏) AW(秋冬)シーズンごとに新商品が登場します。
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は2017年1月19日、パレ・ロワイヤル内の特設テントを会場にキム・ジョーンズ(Kim Jones)によるプロデュースの元、2017-18年秋冬メンズコレクションのショーを行いました。

「Supreme」とのコラボレーション

新商品ラインで最も注目を集めたのが、ここ数年飛躍的に人気を伸ばしてきた「Supreme」とのコラボレーションです。発売から即完売が続き、オークションサイトでは正規の値段以上に金額が跳ね上がって取引をされているほどです。

ニューヨークをイメージし、アップタウンのエレガンスとダウンタウンのカジュアルなストリートの雰囲気をコレクションに投影。ヒップホップカルチャーの要素を加えながら、著名な画家の絵画絵画からカラーパレットを引用し、摩天楼のプリントを配してニューヨーク一色に仕上げています。

上品なトレンチコートをトップに、ボトムはワイドパンツとスニーカーをコーディネート。キム・ジョーンズが好きなニューヨークスタイルにシュプリームは欠かせないものとして、モノグラムとシュプリーム(Supreme)ロゴを使用したベースボールシャツやブルゾンが観客の注目を集め、エピとロゴがミックスされたサイドバッグやカードケース、更にはモノグラムとロゴがミックスされたターンテーブルバッグまで登場しました。

センスやクオリティはそのままに、より生活に溶け込むハイセンスブランドへ

また昨年より流行しているビッグニットやレトロ調のデザイン・バギーデニムやワイドパンツのアイテムも取り入れられ、ハイブランドの中で、2018年の春夏にコンセプトに挙げられていた「ユーティリティ・スポーツミックス」ベースのコーディネートもいまだ健在となっています。

ハイブランドの中でもひときわ存在感を放つルイ・ヴィトンのアパレルラインは、カジュアルなTシャツからカットソー・シャツ・ニット・コート・パンツ・デニム・シューズに至るまで豊富なラインナップを揃えており、半年ごとに発表されるアイテムはファン垂涎の注目の的になっています。

ルイ・ヴィトン クルーネックセータ― メンズの高価買取査定ポイント

タグ付きの未使用品で、糸つれなどもなく、とても状態の良い品物でした。
王道のケーブル編みセーターは人気が高く、次のお客様にも喜んでご購入いただけると思います!